魚群探知機の技術はすごい【魅力溢れる素敵なテクノロジー】

複数の作業員

用途は様々

笑顔の男性

デジタル信号処理技術の進歩と信号処理専用LSIの登場で測定器の設計は飛躍的に簡素になりました。

spectrumanalyzerの主な目的は、特定の電気信号にどれだけ周期信号が含まれているかを周波数帯域ごとでリアルタイムに計測表示することです。そのため、入力信号を周波数帯域別に分割し、それらの電圧比率を相対的に比較するための処理を高速に行なう必要があります。 従来はアナログ回路によって実現してきましたが、測定時の室内環境や供給電源の安定性に大きく影響を受けてしまい、安定した測定結果を得られませんでした。 その後、デジタル信号処理技術の発展や、デジタル信号処理専用LSIの開発によって、それらの処理を非常に簡素な設計基板と簡単なプログラムによって実現する事ができるようになりました。 現在では、高級言語による信号処理アルゴリズムの記述でも十分測定作業を行う事ができるようなプロセッサも登場しており、spectrumanalyzerを設計するのに適した信号処理技術や製品を利用する事ができるようになりました。

spectrumanalyzerと被測定回路の電気的な接続には十分な注意が必要です。

spectrumanalyzerの利用方法は至って簡単で、測定したい信号を計測機器に接続し、測定条件を設定するだけですぐに計測を開始する事が可能になります。 spectrumanalyzerは、信号処理技術を用いたアプリケーションシステムでもあるため、デジタル信号処理の知識やスキルを持っている技術者であれば、特にspectrumanalyzer自身の詳細をマニュアルによって確認しなくてもある程度の測定を行う事ができます。 ただし、利用する上で注意する点は、被測定回路と測定機器との間に誤った電位差が生じないようにする事です。具体的には、被測定回路の基準電圧をあらわすグランド信号と、測定機器のグランド信号が確実に接続されていることを確認することです。 電気的な接続では、注意を怠ると逆電流が発生して発熱や発火につながる可能性があるので、注意が必要です。